本文へスキップ

エアコンの隠ぺい配管

トップ注文住宅の見積の見方と注意点注文住宅の見積金額を減らす方法>エアコンの隠ぺい配管

  エアコンの隠ぺい配管は、外観をすっきりと綺麗に仕上げることが出来ます。
 新築住宅のエアコンの設置では、建築段階からエアコンの配管などを考慮して設計することで、無理なく外壁内部に配管することで建物の外観を良くすることが出来ます。

・隠ぺい配管での注文
 隠ぺい配管によるエアコンの取付では、外壁内部の工事が必要となるため外壁内部の筋違等の設計段階での取付考慮が必要となります。
 家の建築後での工事では外壁を取り外す等の作業により大掛かりとなるだけでなく、内部構造(筋違等)により配管に無理がかかる。構造の一部変更が必要となる場合があります。
クーラー隠ぺい配管

・メリット
 ・見た目
 エアコン配管が見えなくなることですっきりとした外観となる。
 外に面していない部屋では、室内に配管が露出しなくなる。
 ・防犯
 エアコン配管等をよじ登って2階から侵入する手段が困難となる。
 ・効率
 屋外環境の影響を受けにくい外壁内に配管することでエネルギー効率が良くなる。
 (但し、隠ぺいのため配管が延びる。複雑な経路等の場合を除く)

・デメリット

 ・金額
  ・施工費用が通常の取付工事より高額となる。
  ・家電量販店で対応出来ないため、エアコン業者及び代理店等の電気店での依頼となるため特売品等を使用できない。
 ・効率
 隠ぺい等のため通常工事より配管が長く複雑となる場合、効率が下がることがある。
 ・メンテナンス
 配管に不具合が発生した時、外壁を一部剥がすなどの大掛かりな修理が必要となる。
 エアコンのガスの圧力等の規格が変更となったとき、配管の入替が大掛かりなものとなる。
 ・取替え
 家電量販店で対応できない為、基本的にエアコン業者及び代理店等の電気店等での取替えとなる。
 ・機種上の制限
 換気機能や加湿機能がある一部の機種では対応できない。又は、隠ぺい配管と別に外壁に換気用の吸気穴をあける必要がある。


・隠ぺい配管の良し悪し
 新築等の取付工事の時に時に外観で拘る場合に用います。
 10年を超える長期的な観点で考えた場合、保守メンテナンスが行い難い点が問題となることが稀にあります。
 過去にエアコンに用いるガスの圧力に関する規格が変更された際、機器入替にあたり配管を丸ごと入替ることが必要となったことがあり、同様の事態があると大掛かりな工事をせざる負えないということがありました。
 しかし、方法論とし古い配管を残して新たに屋外配管を設置するという方法もあるため、それぞれの考え方次第となります。
カテゴリトップにもどる:注文住宅の見積の見方と注意点